マナーを理解して働こう

>

時間厳守は当たり前のこと

社会人になったら絶対守ろう

学生の頃は、多少時間に遅れても謝れば許してもらえたかもしれません。
ですが社会人になると、誤っても許してもらえなくなってしまいます。
たった1回でも時間に遅れると信頼を失うので、必ず守ることを徹底してください。
事情があって、時間に遅れることがあると思います。
その場合はすぐ連絡をしてください。
送れるとわかった時点で連絡すれば、上司は対策を考えることができます。

予定を忘れないことも重要です。
大事な約束を忘れると、信頼が一気に低下してしまいます。
そんな人に仕事を任せるわけにはいかないので、クビになってしまうでしょう。
時間が決まったら、メモに残しておくのがおすすめです。
見えるところにメモを置いておけば、忘れないでしょう。

スケジュールを決める際のコツ

無理のないスケジュールを考えてください。
達成するのが難しいスケジュールでは、時間を守れなくなってしまいます。
早めに行動することを心がけてください。
朝の9時に集合であれば、8時15分ごろに現地に着いていると遅刻する心配はなくなります。
ギリギリでも、間に合えばいいと思わないでください。
移動中のトラブルに巻き込まれて、遅れることだってあります。

早めに行動していれば、トラブルに遭っても間に合わせることができます。
仕事のスケジュールも、締め切りを早めに設定しておきましょう。
すると見直しの時間を確保できるので、間違っているところがあれば修正できます。
上司に仕事を提出しても、修正部分が多かったら意味がありません。


Share