マナーを理解して働こう

>

働く上で欠かせないマナー

元気なあいさつが重要

仕事は、たくさんの人とコミュニケーションを取りながら進めるものです。
効率よく作業を進めるためには、あいさつが必要不可欠です。
元気にあいさつをして、相手に安心感を与えてください。
安心感があれば、相手はこちらを信用してくれると思います。
信用されないと仕事をもらえないので、給料も発生しません。

それでは困るので、相手に信頼されるようあいさつを忘れないでください。
元気なあいさつを聞いているだけで、相手は気持ちよくなれます。
社内の雰囲気がよくなるので、楽しく仕事を進められると思います。
あいさつがないと、関係性が悪くなることもあります。
そんな雰囲気では、作業を進めにくいでしょう。
積極的にあいさつをしていれば問題ありません。

敬語を使えるようになろう

目上の人に対して、敬語で話すことを意識してください。
どんなに社員同士の仲がいい会社でも、敬語を使わないと関係性が悪くなります。
敬語を使えないということは、、常識を持っていないと判断されるかもしれません。
常識を持っていない人間はトラブルの原因になるので、会社にとってデメリットが大きいです。

トラブルが起きないうちに、やめさせようと考えることもあります。
自分は正しい常識を持っている人間だと思わせるため、敬語を使ってください。
意外と、正しい敬語を使えない人が多いです。
会社で働く前に、敬語の使い方を勉強してください。
どこに行っても恥ずかしくない人になれば、取引先の相手と関わってもトラブルを起こすことはないでしょう。


Share